PHPビギナーズ -PHPをこれから始める初心者の方のためのPHP入門サイト-

演算子

算術演算子(代数演算子)

いわゆる四則演算(足し算、引き算、かけ算、割り算)を行うときは次のようにします。

< 算術演算子リスト >

A + B ( AとBを足す )

A - B ( AからBを引く )

A * B ( AとBをかける )

A / B ( AをBで割る )

A % B ( AをBで割った余り )

< 例 >

<?php
$a = 10;
$b = 5;
//足し算 $total = $a + $b;
echo "$total<br />";
//引き算 $total = $a - $b;
echo "$total<br />";
//かけ算 $total = $a * $b;
echo "$total<br />";
//割り算 $total = $a / $b;
echo "$total<br />";
//割り算の余り $total = $a % $b;
echo "$total<br />";
?>

< 実行結果 >

15
5
50
2
0

この他に変数に1をを増やしたり減らす場合は、加算子(インクリメント)と減算子(デクリメント)を使います。以下のようなものになります。

< 加算子(インクリメント)と減算子(デクリメント)リスト >

$a++ ( $aの値を$aに代入し$aに1を足す )

++$a ( $aに1を足した後、$aの値を$aに代入する )

$a- - ( $aの値を$aに代入し$aに1を引く )

- -$a ( $aに1を引いた後、$aの値を$aに代入する )

比較演算子

2つの値の大きい、小さい。または等しいか、等しくないかを比較するときに使う演算子です。

< 比較演算子リスト >

A = = B ( AとBが等しい場合TRUE )

A = = = B ( AとBが等しく型が同じ場合TRUE )

A != B ( AとBが等しくない場合TRUE )

A < > B ( AとB等しくない場合TRUE )

A != = B ( AとBが等しくないか、型が同じではない場合TRUE )

A < B ( AがBより小さい場合TRUE )

A > B ( AがBより大きい場合TRUE )

A <= B ( AがBより小さいか等しい場合TRUE )

A >= B ( AがBより大きいか等しい場合TRUE )

論理演算子

< 論理演算子リスト >

A && B,A and B ( AもBもTRUEの場合TRUE )

A || B, A or B ( AかBがTRUEの場合TRUE )

A Xor B ( AかBがどちらか片方のみTRUEの場合もう片方はFALSEの場合TRUE )

!A ( AがTRUEの場合TRUE )

トップページにもどる