PHPビギナーズ -PHPをこれから始める初心者の方のためのPHP入門サイト-

PHPビギナーズ> PHPの記述方法

PHPスクリプトの基本記述方法

まずPHPタグの書き方の基本ルールを説明していきます。

PHPスクリプトは始まりを示すタグ「<?php」と終わりを示すタグ「?>」の間(この間はPHPスクリプトですという意味で、終了タグ以降は再びHTMLモードに戻ります)に記述します。
ためしに以下のように記述してみてください。

PHPタグを記述したファイルの拡張子(HTMLファイルの場合.html)は .PHPで保存してください。その場合の文字コードはUTF-8で保存してください。HTMLタグと混在してコードを書きますが この.PHPで保存します。

<?php
echo "あいうえお";
?>

以上のように記述した後にブラウザでURLを指定してファイルを開きます。

実行結果

あいうえお

以上の実行結果のようになります。ちなみにこのプログラムの「echo」は文字列をブラウザに出力する文です。
ブラウザに表示する内容は「'」(シングルクォート)か 「"」(ダブルクォート)で囲み行末には「;」(セミコロン)を記述します。

コメント方法

PHPにもHTML同様プログラムを見やすくするためコメントアウトすることができます。

「//」と「#」の場合この後に記述する内容はコメントになります。ただし、1行のみ有効です。
「/*」と「*/」は複数行有効にできます。開始の「/*」と終了の「*/」までコメントにできます。

コメント例

<?php
/* あいうえお
かきくけこ */
?>
この場合/* */で囲まれたあいうえおかきくけこがコメントになります。

トップページにもどる