PHPビギナーズ -PHPをこれから始める初心者の方のためのPHP入門サイト-

PHPビギナーズ> PHPの基礎知識

PHPの基礎知識

みなさんがWebサイトを作るとき、HTML言語でWebサイトを作っていくと思います。しかしだんだんとサイトを作っていくとできることが定義されたタグのみなため、できることが限られてきます。
たとえば掲示板やショッピングサイトのショッピングカートなどはHTMLだけでは作ることができません。
そこで登場するのがPHP(PHP:Hypertext Preproccessor)スクリプトです。スクリプトとはWebで動的にページを生成するのに使われるプログラムのことです。そのPHPスクリプトを使うことにより、先ほどの掲示板やショッピングカートなど実現できるようになります。 それとPHPはサーバーサイドスクリプトと言ってWebサーバーで必要な処理をすべて行うため、データベースなどの大量のデータ処理に適しています。 また、PHPスクリプトはHTMLソースと違いブラウザにソースが表示されないため内容が見られることはありません。

PHPの良いところ

1.HTMLに混在して書ける

2.わかりやすい文法でシンプル比較的覚えやすい言語

3.テキストエディタなどにファイルを保存するだけで実行できる。

4.PHPが使える多くのサーバーで使える

5.データーベースとの連携

などなどいろいろプラス面は他にもありますが、簡単に言いますと入門者からでも覚えることができ
また大規模開発もできるのでWebプログラマーなどの仕事には最近では必須言語となってきておりますので
これからそのような仕事に就きたいと思っていらっしゃる方は覚えておくと非常に幅が広がる言語です。

入門者にも馴染みやすい!
HTMLと混在して書けるPHPコードはSEOの面でも良いと言われています

PHPコードはHTMLソースと合わせて書くことができますので比較的
初心者にも馴染みやすいプログラムと言えます。

このPHPが扱えるようになりますと、たとえば他のページでも共通に表示したいメニューバーなど HTMLソースで組んだ場合フレームを使わなければなりません。
フレームはSEOの面でも推奨されなくなってきています。

その点、PHPを使えばメニューバーの内容などを記述した共通部分のファイルを作って
そのファイルを「include(インクルード)」を使って呼び出すことができ
また、メニューバーを追加などをしなければならない場合
そのメニューバーのファイルを変更するだけで
各ページに変更内容が反映されるので作業的にも効率的で
サイト運営者の作業の負担を軽減できます!

以上、説明したようなことはPHPでできることのひとつにすぎません。
ほかにもHTMLだけではできないことが PHPを使うことにより、実現できます。

これからWebサイトを作る上でSEO的にも欠かせない技術となってきていますので
扱えるようになればプラスになる技術です。

それではいろいろと順にPHPに関しての情報を説明してきます。
次のPHPを学習するに進む

トップページに戻る